Case Book

【 カシミアのBlue Coat 】

比較的気温高めの日もありますが、
今後も寒さ厳しい日が続く事と思います!
そんな寒い日に、見た目にも着ても暖かみのある高級素材カシミアのコート
があれば外出する回数もおのずと増えてしまうのではないでしょうか。
なんと言ってもカシミアは保温性バツグンですからねぇ!
昨年からワールズビスポークでも新たにオリジナルコートのパターンを作成し、
タイトシルエットのチェスターフィールドコート2モデルと
ステンカラーコートを展開していますが、
とてもご好評いただいております。

今回ご紹介のO様は、
上記の新作コート同様にご好評いただいていますポロコートモデルをご希望され、
従来の観念にとらわれることなく鮮やかなカラーの生地をお選びいただきました。
滅多にお目にかかれない絶妙な色ですよぉ~。

< ポロコート >
ポロ( 競技 ) を観戦する時に着用の英国発祥コート。
ダブル6個釦で後ろには背バンドが付き、袖口は折り返しターンナップカフ、
衿はアルスターカラーまたはピークドラペル、
ポケットはフレームパッチ式ポケットが主な特徴です。

日本には20世紀半ばにアイビールックのアイテムとして米国経由で紹介され
当時のブルックスブラザーズ社が提案したキャメルのポロコートが人気を
博したことでポロコートと言えばキャメルだと言う印象が今日でも根強い。
ブルックスブラザーズ以前の英国では、
ダークカラーが中心だったという説もある。

O様が選ばれた生地&色は、カシミア ( DILROYD ) 100%のブルーです。
とても雰囲気のあるMIX調のブルーで、
個人的にも同生地でコートをオーダーしたいと願っていましたが、
人気のため早々と在庫切れとなってしまいました( 悲 )。

釦はオプションの本水牛、裏地にはキュプラ100%の紺無地をチョイス。
サイズ感にこだわりのあるO様は、元もとのサイズからOW( ウエスト )
をちょっぴりタイトにされました。
近年、コートの着丈は短め傾向にありますが、
そこは、O様のこだわりで取り入れませんでした。
写真を見てお分かりいただけたと思いますが、
「 素敵 」の一言に尽きます!!!

私も2年前にポロコートモデルでオーダーしましたが、
O様のコートを拝見した瞬間に後悔しました。
この生地でオーダーすれば良かったと…。

クラッシックで重厚な印象のポロコートですが、
見事にモダンで軽快な印象に仕立て上がりました!!!
O様ご来店誠にありがとうございました。


                         < OHKAWA >
画像をクリックしていただきますと拡大します。

close