<ピークドラペルのブルーグレースーツ>
     +<ちょっぴり甘い話>

今回のオーダー事例のお客様は、ワールズビスポークの店長・玉岡一芳の小学校からの幼なじみでいらっしゃいますH様のご紹介をさせて頂きます。
H様は、老舗の和菓子メーカーにお勤めで、毎シーズンご来店されスーツをオーダーして下さいます。いつも担当させて頂くのは当然店長であり、私(OHKAWA)は少し離れた目線で話を伺うというケースが多くなります。話を伺っていると、H様は品格(上品さ)を感じるお優しい印象です。よく芸能人を理想の上司にたとえランキング形式で発表される事がありますが、まさにそんな感じです。プライベートでは、愛車(バイク)を何台も所有し乗り回していらっしゃるようで、第一印象とはギャップのある私生活が魅力的です。
H様のオーダーでは、何と言っても生地選びにポイントが集中します。いつもトレンド性を意識されていて…。と言うよりは潜在的というか感覚的というか選ばれる生地が結果的にトレンド性の高い(カラー)生地になっています。これって感覚的にお若い証拠だと思います。
今回は、ウール92%シルク8%で混紡された国産のブルーグレーのピンストライプをお選びになりました。今シーズンの流れの一つがこのブルーグレー。絶妙という言葉が相応しいカラーです。濃淡で数柄の展開でしたが、比較的早めに完売してしまった商品の一つです。完売してしまった後も何件かの問い合わせがあったほどでした。
寸法的には、いつも良い状態でラインをキープされていてお変わりが無く前寸と同じ寸法でオーダー頂く事となりました。
ラインはMB(モダンブリティッシュ)。フロント2つ釦のピークドラペル!!!
スラントポケット使用でチェンジポケットを付けました。H様はピークドラペル好きで、今回を含め過去3回のオーダーでピークドラペルの衿を選ばれています。袖本開き穴かがり、袖の一番先にあるボタンホールカラーを色指定されました。組下のスラックスはシロセット加工。常にピシッとした状態がお好みです。クラッシックなディティールの中にトレンドカラーのブルーグレーを取り入れたカッコイイスーツが出来上がりました。


H様は毎回、オーダーされたスーツにあわせてネクタイを選ばれます。やはりスーツ、シャツ、ネクタイの3アイテムがマッチしてVゾーンの演出が完成すると思います。スタッフの意見を取り入れて下さり、紺地に花柄の小紋柄を選ばれました。使いやすいネクタイだと思いますので万能選手になってくれる事でしょう。
冒頭の話の続きになってしまいますが、H様は来店されるたびに自社商品をお土産に持ってきて下さいます。甘い物が苦手な方でも大丈夫だと思える上品な甘さは、さすがに銘菓だと実感します。日本のキング・オブ・スイーツです!!!
H様いつもお気遣い下さいましてありがとうございます。
ご来店誠にありがとうございました。    
                             <OHKAWA>